猫のように気まぐれな男性の心を掴むテクニック3つ

猫のように気まぐれ、自己中心的な男性の心を掴むテクニック3つ

「猫が好き」という人の多くは、猫のその気まぐれさにほれ込んでいる人がほとんどです。
気まぐれで、何を考えているか分からない、そのミステリアスさが人の心を掴んでいるのだそうです。
そして、そんな猫のように気まぐれな男性を通称「猫系男子」と呼びます。
今回はそんな男性の心を掴むテクニックをご紹介します。

 

彼の気持ちを想像する

 

猫系男子は表情からあまり感情を読み取れない人が多く、何を考えているか分からないようなミステリアスな人がほとんどです。
だから、こんな気持ちなのかな?とあなたが想像してあげることがとても大事なのです。
その想像が当たった場合、猫系男子のあなたへの信頼はかなり確かなものになります。

 

彼を理解してあげる

 

猫系男子はあまりにも気まぐれなため、「もうわかんない!」とさじを投げてしまいたくなることもあるでしょう。
でも、そんなことをしては彼は傷ついてしまい、二度とあなたに心を開かないようにしようと思ってしまいます。
そうなっては元も子もないですので、彼の心を理解してあげようと根気強い姿勢でいることはとても重要なのです。
ワガママを言ってくるということは、「あなたならワガママをきいてくれる」というあなたへの信頼の証です。
そう思うと彼の気まぐれもかわいいなと思えてきませんか?
他の人にも愛想よくしていることは、「あなたはいつでも愛してくれるから最終的にはあなたの元に戻ろう」というあなたの愛情を心の底では欲している証なのです。
彼を理解してあげるということは、心にゆとりを持って愛してあげるということなのです。

 

構う時は構い、自由にする時は自由にする

 

猫は、いつも構ってばかりいるとその人に飽きてしまうし、自由にして放っておいてばかりいると寂しがります。
猫系男子にもそういった気まぐれな性質があります。
そうは言っても「構うべきときと自由にするべきとき、どうやって見極めればいいの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
そんなときは彼の行動を見て判断するといいです。
例えば、彼が甘えたそうにしているなら放っておかずに構うべきですし、そうでないときには基本的には自由にしておくといいです。
でもあまりにも放っておくと「俺の事好きじゃないの・・・?」と寂しがって不安になるのが猫系男子なので、「いつでもあなたを気にしているよ、大好きだよ」という態度が彼に伝わるように、いつでも惜しみない愛情を注いであげるようにしましょう。

 

 

おわりに

 

猫系男子は気まぐれですが、それもまた魅力の一つです。
猫系男子を好きになったのなら、その性格を理解してあげましょう。